葬儀代が足りない

お金がなくて葬儀代が足りないので困りました

葬儀について

火葬費用のお金がないので借金しようかな

投稿日:

火葬費用のお金がないので借金しようかな

誰に対しても笑顔で対応できるけど葬式費用が払えないあなたへ

葬儀費用分割払い

 

どうしても香典にピン札しかないなら一度折って折り目やシワならいいんではないでしょうか。
そですね失礼にならないですね。
あなた自身のお通夜と告別式はこうしたいと思っていますか?私だったら葬儀なんていらないと強く言いたいです。
つまり、お通夜、告別式さえも行わないスッキリした方法でかまわないと思っています。
本当に。
お葬式っていうのは必ずするべきだという法律はある?実は、そんな法律はありません。
しかし、遺体は火葬しなければなない義務はあります。
だから、実際は葬儀屋に頼むしかないわけです。
葬式の時の新札は、あたかも悲しいお知らせを察知していると思われるようでやってはいけないことです。
ということで、葬儀には避けるべきとという常識もあります。
最近は葬式の形式が変化してきています。
目立つのは、通夜や告別式を行わずに故人を直接に火葬場に移動して、ここで終わる『直葬』もどんどん増えています。
メリットは葬儀の金額が低くなることや、出席者を減らすことができる。
すぐに親戚などの紹介の葬儀社を選ぶのは至難のワザですよね。
大雑把な見積もりとかにあったらどうしよう?やっぱりネットでも安心できる大手がいいね。
それと、内訳を見て追加がないか確認することです。
突然なので全てやるのは分かっているけど、いろいろあっても平和にやりたいものですね。
お香典の表書きは、ほとんどの場合御霊前、御香典・御香料でした。
こういう、薄汚れたお札やグチャグチャのお金を使うのもマナー違反という感じです。
葬式のマナーになるになるのがお香典のお札。
地方や宗派の関係とかいろいろありますがピン札は入れないようにすることはほぼ同じです。
今からすごく死亡年齢が高くなるになってきています。
そうなると、友だちや親戚も高年齢ということにになります。
それから、地域の人との付き合いもほとんど無くなっているので家族葬でいいとなるわけです。
一般的な葬儀ならお悔やみのために、お通夜に身内やお世話になった方々に出席してもらいます。
だいたい次の日に葬式・告別式を同じ日にやってしまうという感じででお別れとなります。
でも、故人の年齢が高いとかならほんとの身内だけですませる家族葬(かぞくそう)なんてことも可能です。
親の年齢も考えると葬儀のことなどを考えることは必要です、あなたは考えたことありますか?少しでも事前に準備しておくのが良いですよね。
たとえば、「家族葬にする?」「交際範囲は?」「保険とか大切な書類は?」などなど。
事前に信頼できる人を使って聞いておくと後が楽です。
葬式に掛かった費用は、アンケートによると平均で190万円前後という結果のようです。
この数字は絶対必要ではなく、平均です。
これ以上高くなって払えない親族も多いはずです。
そういう時は、火葬だけを行う直葬(ちょくそう)でやって身内だけにして抑えることもできます。
分ったんですけど、問題もあるけど安い「直葬」って知ってました?直葬を選んだ人の理由は「お金がもったいないから」という声が多かったとか。
また、「葬式はいろいろ面倒だから」という人も現実にいます。
私の友人たちの考え方はたくさんありますよね。
お通夜に持っていく香典に入れるお金で気をつけたいのは新しい紙幣は使わないようにすること。
こういうのは良くないことになってしまうから控えましょう。

 

-葬儀について

Copyright© 葬儀代が足りない , 2019 All Rights Reserved.