葬儀代が足りない

お金がなくて葬儀代が足りないので困りました

葬儀について

火葬代が払えない場合は借入して後で払うの可能?

投稿日:

火葬代が払えない場合は借入して後で払うの可能?

知的好奇心があって未来に期待しているのに火葬代がないあなたへ

葬儀費用工面

 

もし香典にピン札を入れるなら1回以上折って折り目などならいいんではないでしょうか。
これならマナーは守られてる感じ。
香典の表書きは、どの宗派でも御霊前、御香典、「御香料」が一般的。
あなた自身のお通夜と告別式はどうしたいと思っていますか?私は葬儀なんていらないと強く言いたいです。
簡単に言うと、お通夜、告別式さえも行わない非常に簡単な方法でかまわないと思っています。
本当に。
今からドンドン死亡年齢が高くなるになっています。
となると、知り合いも年寄りが多いということにになってるはず。
そしてなんですが、ご近所さんとの交流もほとんど無くなっているのは分かっているのでお葬式はしなくてもいいとなるわけです。
近頃は葬式の形が次第に変わってきています。
目立つのは、通夜とか宗教儀式もせずに故人を直接に火葬場に移動して、ここで終わる「直葬(ちょくそう)」という方法も増加しているようです。
期待されることは、葬式全体のお金を抑えることや、参列者を無理に呼ばなくていいことなどです。
あなたは、問題もあるけど安い”直葬”という方法をご存知でした?直葬にした人の理由は「お金がもったいないから」という声が多かったとか。
意外にも、「お葬式はめんどくさいから」という人もも少なくないです。
様々な人たちの心の叫びのようですね。
お通夜に必ず必要なお香典に入れるお金で気をつけたいのは新札を入れてはいけません。
こういうのはマナー違反なので注意ですね。
葬式をすること事態は絶対しなければならなないという法律がある?実は、そんな法律はありません。
ですが、遺体は火葬しなければなない義務はあります。
だから、実際は葬儀屋さんに依頼する方法しかないわけです。
お通夜でしてはいけない事として大事になるのがお香典に入れるお金。
住んでる所や宗教の違いもあったりしますが新札は使用しないという点はほとんど一緒ということです。
葬式の時の新しい紙幣は、何か訃報を察知していると思われるようでやっぱり失礼です。
ということで、不祝儀には避けるべきと考えられています。
葬式に用意するお金は、雑誌に載っていた記事によると平均で190万円前後という結果のようです。
でもこの金額は絶対必要ではなく、平均的な数字です。
当然これより掛かって困った人たちもいるわけです。
そういう時は、通夜と告別式を1日で行う『直葬(ちょくそう)』でやって簡単にして抑えることもできます。
年をとったら終活や葬儀のことなどを考えることは必要です、あなたはそういう年齢ですか?ネットで調べてもいいから準備しておくべきです。
たとえば、「どんな葬儀にする?」「交際範囲は?」「保険とか大切な書類は?」などなど。
事前にそれとなく聞き出すのは必要ですね。
突然にネットで探した葬儀屋を決めるのは至難のワザですよね。
ボッタクリとかなら断るべきか?ですからネットでも安心できる大手がいいね。
それと、大体の金額を調べておくのが大切です。
突然なので全てやるのはつらいけど、いろいろあっても段取りよくやりたいものですね。
一般的な葬式ならお悔やみのために、お通夜には親戚や周りの人が参列していていただきます。
だいたい次の日に葬式と告別式を同じ日にやってしまうという感じで送り出します。
また、故人の年齢が高いとかならほんとの身内だけですませる「家族葬」という方法もあります。
こういう、汚いお札やしわしわの紙幣を使用することも失礼という感じです。

 

-葬儀について

Copyright© 葬儀代が足りない , 2019 All Rights Reserved.