葬儀代が足りない

お金がなくて葬儀代が足りないので困りました

葬儀について

親の葬式代がないのはつらいから借金した

投稿日:

親の葬式代がないのはつらいから借金した

後悔する人間関係だけは避けたいけど親の葬式費用に困っているあなたへ

火葬費用お金がない

 

一般的な葬儀なら故人をしのぶために、お通夜に身内やお世話になった方々に出席してもらいます。
だいたい次の日に葬式・告別式を一緒に行うこういう流れででお別れとなります。
また、故人の年齢が高いとかなら身内とお世話になった人だけですませる家族葬(かぞくそう)という方法もあります。
葬式で避けたいことになるになるのが香典に入れるお金。
地方や宗派の違いとかいろいろありますがピン札は入れないようにすることはだいたい一緒な感じです。
葬儀全体に掛かった費用は、アンケートによるとだいたい190万円前後という結果のようです。
コレはだいたいのいわゆる平均です。
当然これより請求がきて困った親族も多いはずです。
そういう時は、通夜と告別式を1日で行う直葬(ちょくそう)してしまうなどシンプルにして抑えることもできます。
分ったんですけど、全部シンプルな「直葬」って知ってました?直葬を選んだ人の理由は「お金がもったいないから」っていう感じがほとんどかも。
また、「葬式はいろいろ面倒だから」という人もいるようです。
色々な人の心の叫びのようですね。
親の年齢も考えると葬式のことなどを考えることは必要です、あなたはそういう年齢ですか?なんでも、事前に準備するのが一番ですよね。
例えばですけど、「どんな葬儀にする?」「交際範囲は?」「保険とか大切な書類は?」など。
事前にそれとなく聞き出すのも幸せかと。
お通夜の時のピン札は、既に訃報を察知している感じでやってはいけないことです。
なので、不祝儀には向いていないとという常識もあります。
いきなり病院で紹介された葬儀屋を決定するのは勇気もいるし大変ですよね。
大雑把な見積もりとか信用できないけど他がないとか?ですからネットでも安心できる大手がいいね。
心配なら大体の金額を調べておくのが大切です。
やらないといけないのは分かっているけど、いろいろあっても普通にやりたいものですね。
お葬式っていうのは法律で決められた事なのか?実は、法律のような義務はありません。
ですが、遺族は火葬はしなければなりません。
義務です。
だから、ほとんど葬儀屋さんにお願いするしかないのです。
近頃は葬式のやり方が変化してきています。
それは、通夜とか宗教儀式もせずに遺体を火葬場に送って、そこで最期とする「直葬(ちょくそう)」という方法も増加しているようです。
期待されることは、葬儀の費用がお安いことや、身内だけとか無理に呼ばなくていいことなどです。
お葬式に必ず必要な香典袋に包むお金でミスしそうなことですが、ピン札を入れてはいけません。
こういうのは良くないことになってしまいます。
もし香典にピン札しかないなら数回折って使った感じならいいんではないでしょうか。
そですねマナーは守られてる感じ。
香典袋の表書きは、ほとんどの場合御霊前、御香典、「御香料」が一般的。
今以上にドンドン高年齢化になってきています。
となると、知り合いも年寄りが多いということにおちいってます。
そしてなんですが、ご近所さんとの交流も減っているので火葬だけでもいいて感じの結論が多いのです。
あなたの葬儀はこうしたい希望はありますか?私は簡潔にしていいと強く言いたいです。
つまり、お通夜とか葬式も全部なくてもスッキリしたやり方でいい最近思っています。
マジで。
それから、汚いお金やしわしわの紙幣を使うのも礼儀違反という感じです。

 

-葬儀について

Copyright© 葬儀代が足りない , 2019 All Rights Reserved.