葬儀代が足りない

お金がなくて葬儀代が足りないので困りました

葬儀について

葬儀代を払いたくない時はどうしていますか

投稿日:

葬儀代を払いたくない時はどうしていますか

働いてもずっと変わりばえしないと悩んでいて葬式の費用も払えないあなたへ

葬儀代が足りない

 

一般的な葬式だったらお悔やみのために、お通夜には親戚や周りの人が参列していていただきます。
だいたい次の日に葬式・告別式を同じ日にやってしまうという順番ででお別れとなります。
でも、兄弟や子供がいないとかならほんとの身内だけですませる「家族葬」なんてことも可能です。
今以上にドンドン死亡年齢が高くなるになっています。
となると、知り合いも年齢が高い状況にになってるはず。
それから、近所との付き合いもほとんど無くなっているのは確かだからお葬式はしなくてもいいって必然的にるわけです。
お葬式なんですが必ずするべきだという法律はある?実際は、そんな法律はありません。
でも、遺族の方は火葬する義務はあります。
なので、通常は葬儀社に頼むしかないのです。
仕方なく香典に真新しいお札を入れる場合数回折って使った感じをつければいいかも。
これだとマナーは守られてる感じ。
葬儀に必要な金額は、アンケートによると平均で190万円前後という数字が出てきたようです。
でもこの金額は絶対必要ではなく、平均です。
当然これより掛かって困った人たちもいるわけです。
そういう時は、通夜と告別式を1日で行う直葬(チョクソウ)という方法で身内だけにしてしまう事も可能です。
香典袋の上の部分の文字は、どの宗派でも御霊前、御香典、御香料が一般的。
こういう、汚いお金やしわしわの紙幣を用いるのも礼儀違反という感じです。
あなた自身の葬式は出来たらこうして欲しいと思っていますか?私は全部省略してもいいとみんなに言いたい感じです。
ということは、お通夜も告別式もなくていい、スッキリした儀式でいいと思っています。
マジで。
あなたは、問題もあるけど安い”直葬”という方法をご存知でした?直葬を選択した人の多い意見は「お金がもったいないから」っていう感じがほとんどかも。
意外にも、「葬儀はやりたくない」という人も現実にいます。
私の友人たちの考え方はたくさんありますよね。
お通夜の時の新札は、何か訃報を分っている感じで失礼にあたります。
ですから、お通夜には向いていないとマナーがあります。
近頃は葬儀の形が変化してきています。
目立つのは、通夜とか宗教儀式もせずに直接に火葬式をしてしまい、そこで最期とする”直葬(ちょくそう)"が増えているとのこと。
期待されることは、葬式の金額が低くなることや、出席者を無理に呼ばなくていいことなどです。
年をとったら終活や葬儀のことなどを考えることは必要です、でもなかなか出来ませんよね。
なんでも、事前に準備するのが一番ですよね。
例えばですけど、「家族葬にする?」「絶対知らせたい人は?」「保険とか大切な書類は?」とか。
事前に友人を使って何気なく聞くのも幸せかと。
不祝儀で避けたいこととして大事になるのが香典袋に包むお札。
地域ややり方の相違とかいろいろありますが新札は使わないようにすることはほとんど一緒ということです。
突然に病院で紹介された葬儀屋を決定するのは至難のワザですよね。
ボッタクリとか信用できないけど他がないとか?やっぱりネットでも安心できる大手がいいね。
それと、内訳を見て追加がないか確認することです。
やることが多いのはつらいけど、いろいろあっても段取りよくやりたいものですね。
葬儀に持っていく香典袋の中に入れる紙幣でミスしそうなことですが、新しい紙幣を入れてはいけません。
こういうのはマナー違反になってしまうから控えましょう。

 

-葬儀について

Copyright© 葬儀代が足りない , 2019 All Rights Reserved.