葬儀代が足りない

お金がなくて葬儀代が足りないので困りました

葬儀について

親の葬儀費用を工面しましたが借金になりました

投稿日:

葬儀費用を工面しましたが借金になりました

楽な方に行って結局は何もしない癖があって親の葬式のお金がないあなたへ

葬式借金

 

一般的な葬式なら故人をしのぶために、お通夜には親戚や周りの人が参列していていただきます。
次は、葬式・告別式を同じ日にやってしまうという順番で送り出します。
でも、兄弟や子供がいないとかの場合身内とお世話になった人だけでやってしまう家族葬(かぞくそう)なんてことも可能です。
今からすごく死亡年齢が高くなるになってきています。
となると、友だちや親戚も高年齢ということにになってるはず。
そしてなんですが、ご近所さんとの交流も少なくなっているのは確かだから家族葬でいいって必然的にるわけです。
近頃は葬儀のやり方が次第に変わってきています。
それは、通夜とか宗教儀式もせずに遺体を火葬場に送って、身内だけでやる『直葬』が増えているとのこと。
いいことは、葬儀の金額が低くなることや、身内だけとか限定できることです。
お通夜の時の新札は、何か逝去の知らせに備えている感じでやってはいけないことです。
なので、お通夜には向いていないとマナーがあります。
そうですね、、薄汚れたお札やしわしわのお札を用いるのも礼儀違反という感じです。
葬式をすること事態は法律で決められた事なのか?実際は、決められていません。
ですが、遺族は火葬はしなければなりません。
義務です。
だから、ほとんど葬儀屋さんにお願いするしかないわけです。
葬儀全体に必要な金額は、雑誌に載っていた記事によるとおおよそ190万円前後という感じなんだそうです。
コレはだいたいの平均です。
当然これより高くなって驚いた人たちもいるわけです。
そういう時は、通夜と告別式を1日で行う直葬(ちょくそう)という方法で身内だけにして簡略もできます。
自分のお通夜と告別式はどうしたいなんて考えたことありますか?私だったら葬儀なんていらないと強く言いたいです。
つまり、お通夜、告別式さえも行わないややこしさなしの方法でかまわないと最近思っています。
マジで。
もし香典に使っていないお札を入れる時は1回以上折って使った感じならいいんではないでしょうか。
これなら失礼にならないですね。
分ったんですけど、問題もあるけど安い”直葬”という方法をご存知でした?直葬を選択した人の理由は「葬儀費用がないから」という声が多かったとか。
それから、「葬式はいろいろ面倒だから」という人もいるようです。
色々な人の考え方はたくさんありますよね。
不祝儀で避けたいこととして大事になるのがお香典に入れるお金。
地域や宗教の相違とかいろいろありますが新札は使用しないようにすることはだいたい一致です。
すぐにネットで探した葬儀社を決めるのは至難のワザですよね。
大雑把な見積もりとかなら断るべきか?やっぱり色々と見積もり取るのもいいね。
それから、相場をあらかじめ知っておくことは大事。
やらないといけないのはつらいけど、騙されないで普通にやりたいものですね。
葬儀に必ず必要な香典袋に入れるお金で気をつけたいのは新しい紙幣は使わないようにすること。
こういうのはマナー違反なので注意ですね。
香典の表書きは、ほとんどの場合「御霊前」「御香典」御香料でした。
年をとったら終活や葬式のことなどいずれやってきます、あなたは考えたことありますか?なんでも、事前に準備するのが一番ですよね。
例をあげると、「どこでする?」「交際範囲は?」「重要な書類はどこ?」とか。
やんわりと友人を使って何気なく聞くのも幸せかと。

 

-葬儀について

Copyright© 葬儀代が足りない , 2019 All Rights Reserved.