葬儀代が足りない

お金がなくて葬儀代が足りないので困りました

葬儀について

葬儀費用踏み倒したいと一瞬思いましたがやめました

投稿日:

葬儀費用踏み倒したいと一瞬思いましたがやめました

平和な毎日で何もない生活だけど葬儀代が払えないことを抜け出したいあなたへ

葬儀代払いたくない

 

今からすごく高齢化になってきています。
ということは、知り合いも年寄りが多い状況にになってるはず。
それから、地域の人との付き合いも減っているのは確かだからお葬式はしなくてもいいて感じの結論が多いのです。
お通夜に持っていくお香典に入れるお金でミスしそうなことですが、新しい紙幣は使わないようにすること。
こういうのはマナー違反になってしまいます。
仕方なく香典にピン札を入れるなら数回折って折り目などをつけるならマナー違反にならないですね。
これなら失礼にならないですね。
こういう、薄汚れた紙幣やグチャグチャのお金を用いるのもマナー違反という感じです。
葬式のマナーの一つが香典袋に包むお札。
地域や宗派の違いとかいろいろありますが新札は使用しないようにすることはほぼ一緒です。
あなたの葬儀は出来たらこうして欲しいと思っていますか?私は簡潔にしていいとみんなに言いたい感じです。
簡単に言うと、お通夜も告別式もなくていい、ややこしさなしの儀式でいいと最近思っています。
マジで。
あなたは、問題もあるけど安い”直葬”という方法をご存知でした?直葬を選んだ人の多い意見は「お金がもったいないから」というのが大半だとか。
それから、「葬儀はやりたくない」と決めている人も現実にいます。
色々な人の考え方はたくさんありますよね。
香典袋の上の部分の文字は、どの宗派でも御霊前、御香典、御香料、でした。
葬儀全体に掛かった費用は、雑誌に載っていた記事によるとおおよそ195万円前後という数字が出てきたようです。
この数字はだいたいの平均です。
これ以上掛かって払えない喪主の方もいます。
なので、通夜と告別式を1日で行う直葬(チョクソウ)でやって簡単にして抑えることもできます。
お通夜の時のピン札は、何か逝去の知らせに備えていると思われるようで失礼にあたります。
なので、お通夜には向いていないとマナーがあります。
最近は葬儀のやり方が変わりつつあります。
それは、通夜とか宗教儀式もせずに直接に火葬式をしてしまい、身内だけでやる『直葬』もどんどん増えています。
メリットは葬儀のお金を抑えることや、出席者を無理に呼ばなくていいことなどです。
突然にネットで探した葬儀社を決めるのは心配でしかありませんよね。
ボッタクリとかにあったらどうしよう?だからネットでも安心できる大手がいいね。
心配なら内訳を見て追加がないか確認することです。
突然なので全てやるのはつらいけど、騙されないで段取りよくやりとげたいものです。
親の年齢も考えると亡くなった後のことなど考えるべきです、あなたは考えたことありますか?なんでも、事前に準備するのが一番ですよね。
例をあげると、「どこでする?」「誰を呼ぶ?」「大事な書類の場所は?」など。
やんわりとそれとなく聞き出すと後が楽です。
一般的な葬式だったら故人をしのぶために、お通夜には親戚や周りの人が参列していていただきます。
次は、葬式と告別式を一緒に行うという順番でで送り出します。
また、兄弟や子供がいないとかの場合家族と近親者だけで行う家族葬(かぞくそう)という選択肢もあり。
葬式をすること事態は絶対しなければならなないという法律がある?実際は、法律のような義務はありません。
しかし、遺族の方は火葬する義務はあります。
ですから、実際は葬儀社にお願いするしかないのです。

 

-葬儀について

Copyright© 葬儀代が足りない , 2019 All Rights Reserved.