葬儀代が足りない

お金がなくて葬儀代が足りないので困りました

葬儀について

親の葬式費用を自分で払いたいけど払えない時は?

投稿日:

葬式費用を自分で払いたいけど払えない時は?

仕事に追われて心に余裕がなく親の葬式費用も払えなく困っているなたへ

葬儀費用踏み倒し

 

分ったんですけど、全部シンプルな”直葬”という方法をご存知でした?直葬にした人の理由は「お金がもったいないから」っていう感じがほとんどかも。
意外にも、「お葬式はめんどくさいから」という人もも少なくないです。
私の友人たちの考え方はたくさんありますよね。
普通の葬式だったら亡くなった人のために、お通夜に友人や知人が集まってもらいます。
そして翌日に葬式と告別式を一緒に行うという感じででお別れとなります。
でも、兄弟や子供がいない人とかだったら身内とお世話になった人だけでやってしまう「家族葬」という方法もあります。
お葬式なんですが絶対しなければならなないという法律がある?実際は、法律のような義務はありません。
しかし、遺体は火葬しなければなない義務はあります。
なので、実際は葬儀屋さんに依頼する方法しかないわけです。
お香典に書くのは、どの宗派でも御霊前・「御香典」「御香料」ですね。
仕方なく香典にピン札しかない場合数回折って折り目などをつければいいかも。
これならいい感じですね。
こういう、薄汚れたお金やグチャグチャのお金を用いるのもマナー違反ですね。
お通夜に持参するお香典に包むお金で気をつけたいのは新札を入れてはいけません。
ついやってしまいそうですが失礼になってしまいます。
いきなりネットで探した葬儀屋を決定するのは勇気もいるし大変ですよね。
全部どんぶり勘定とか、信用できないけど他がないとか?やっぱりネットでも安心できる大手がいいね。
それと、相場をあらかじめ知っておくことは大事。
突然なので全てやるのはつらいけど、騙されないで普通にやりとげたいものです。
今以上にすごく高年齢化になってきています。
ということは、友だちや親戚も高年齢状況にになります。
ましてや、地域の人との付き合いも少なくなっているのでお葬式はしなくてもいいとなるわけです。
最近は葬儀式の形が変化してきています。
なんと、通夜とか宗教儀式もせずに直接に火葬式をしてしまい、そこで最期とする『直葬』という方法も増加しているようです。
期待されることは、葬式の費用がお安いことや、出席者を限定できることです。
年をとったら終活や葬式のことなどいずれやってきます、あなたはそういう年齢ですか?ネットで調べてもいいから準備しておくべきです。
例えばですけど、「どこでする?」「誰を呼ぶ?」「保険とか大切な書類は?」など。
やんわりと信頼できる人を使って聞いておくと後が楽です。
お通夜の時の新札は、既に悲しいお知らせに備えていたようでやっぱり失礼です。
ですから、お通夜には向いていないと考えられています。
葬儀に掛かった費用は、調査によると平均で190万円前後という感じなんだそうです。
コレはあくまでもいわゆる平均です。
もっと請求がきて払えない喪主の方もいます。
ですから、通夜と告別式を1日で行う直葬(チョクソウ)でやってシンプルにしてしまう事も可能です。
あなたの葬式は出来たらこうして欲しい希望はありますか?私だったら全部省略してもいいと思っています。
ということは、お通夜、告別式さえも行わないややこしさなしのやり方でいいすごく思うようになりました。
本当に。
不祝儀でしてはいけない事として大事になるのが香典のお札。
地方ややり方の違いもありますが新しい紙幣は入れないという点はほとんど一致な感じです。

 

-葬儀について

Copyright© 葬儀代が足りない , 2019 All Rights Reserved.